クラウドファンディングはサポート企業が選ぶことから始めよう|Credit Card
HOME>トピックス>クラウドファンディングはサポート企業が選ぶことから始めよう

プロジェクトを立ち上げる前に

クラウドファンディングを利用する前に気になることはたくさんあると思います。まずは利用者のよくある質問に目を通してみましょう。

クラウドファンディングのよくある質問

よくクラウドファンディングではリターンって言葉を聞きますがどういう意味ですか?

クラウドファンディングで使われているリターンとは、資金を提供してくれた支援者に対して起案者がお返しすることです。

やってみたいプロジェクトがありますが、支援金が集まるか不安です…

クラウドファンディングサポート企業に相談することで専門のスタッフが対応してくれます。なので、まずはサポート企業を選んで連絡してみましょう。

未成年でも起案できますか?

サポート企業によりますが、可能な場合が多いです。一般的に親権者の同意を得て必要書類を提出することで、起案することができるでしょう。

クラウドファンディング

ネットを通じて資金調達

お金が必要だがお金がない時、通常は金融機関から借り入れたり、会社なら株式を発行して出資者を募ったりするでしょう。しかし金融機関だと金利も高く、そもそも目的の金額を借りるだけの審査に通らないこともあります。会社で無ければ株式なども発行できません。そこで行う資金調達方法として、クラウドファンディングがあります。インターネットを通じて出資者を募ります。集めたお金で何をするのかを示すことで、賛同した人から資金を集められます。

返金の方法に違いがある

銀行でお金を借りれば、元本と利息を期日までに返済をする決まりがあります。株式を発行すれば、その持ち分に応じて配当したり清算時に資産を分配したりします。ではクラウドファンディングで資金調達した時はどう返金するかです。基本的には元本と一定の利息を含めたお金の返金をする仕組みが多いです。一方で株式のように配当を受け続けるものなどもあります。また返金を期待しない寄付型もあり、この時出資者は返金を受けられません。

仲介業者がある

クラウドファンディングでは、ネットを通じて資金調達者を募ります。人によってはSNSで独自に集められる人もいますが、無名の人などは簡単には集められません。その時は仲介業者を利用して、資金調達のサポートをしてもらいます。

広告募集中